脱毛行為による埋もれ毛のリスクや対処法について

体に生えている無駄毛を処理する方法は剃刀や毛抜きを自分で使用するものや、エステサロンで専用の薬剤を使用するものがあります。脱毛は処理を行った直後は綺麗な仕上がりで見栄えが良くなりますが、処理に不具合があると埋もれ毛が生じることがあります。

埋もれ毛は体毛が毛穴から露出せずに、皮膚の中に籠ってしまう状態を指します。脱毛によって皮膚に傷が付き、毛穴が塞がってしまうのが主な原因です。体内に籠った体毛は塞がった毛穴の下で伸び続け、皮膚上に黒ずんだ出来物を作ります。また、体毛の色素が皮膚に沈着したり伸びた体毛が神経に触れて痛みを感じることもあります。皮膚のただれや炎症を引き起こすこともあるので、医療機関で適切な処置を受けることが大切です。

素人療法で皮膚を傷つけて体毛を抉り出すと傷が残ったり細菌に感染することがあるので避けます。無駄毛処理は体毛を除去するだけではなく、スキンケアも併せて行う事が健康を保つために必要な心得になります。