全身脱毛における注意点

「全身脱毛」の施術を受ければ、ツルツルスベスベ肌になれるので、これは女性の夢と言っても過言ではないでしょう。しかし、全身脱毛を受ける際にはいくつかの注意点があるのです。まずは、脱毛したはずが、再びムダ毛が生えて来ることです。エステサロンでは毛根細胞を破壊することまでは出来ないので、体を守るために毛根細胞が活性化してしまうのです。

また、色素沈着やほてり、痛みなどが出る可能性もあります。エステサロンの衛生管理が徹底されていないと、最悪の場合には感染症にかかることも考えられます。そして施術後は肌がダメージを受けていて、熱が残っていたり、肌が傷つきやすくなっているので、スキンケアをしっかりとする必要があります。その他、注意点としては、日に焼けた肌(メラニンが生成されてシミになります。)・温度が高過ぎたり低過ぎる入浴(38度くらいが適温です。)・妊娠中(肌が敏感になっているので。)・重い皮膚病(色素沈着を起こしているので、効果が出にくく肌にも悪いです。)などの場合には施術を避けるべきです。

全身脱毛は脱毛エステを利用して

全身脱毛を行うには、脱毛エステなどプロの力を借りてお手入れすることが有効です。きちんと訓練された技術で、アフターケアもしっかりとしてくれるので、全身脱毛後も肌のトラブルが軽減されるのです。また全身を自分でケアするとなると、時間も根気も必要なので、プロに任せて一定の期間内に終わらせます。

エステなどでは肌を傷つけない脱毛方法を採用しており、利用者に負担の少ない脱毛を実現させています。光脱毛やレーザー脱毛など痛みの少ない様々な技術を駆使し、安全で安心な脱毛を受けることが出来ます。仕上がりもきれいで、自分で処理していたときよりも数倍ツルツルな肌に生まれ変わります。ホルモンバランスに影響を受ける女性の肌でも、時期や期間を考慮して計画を立ててくれるので安心です。トリートメントやミストを使って、肌の保護もしてくれます。費用はもちろん掛かってしまいますが、永久的に行う必要のあるムダ毛処理のわずらわしさから開放されるのです。

全身脱毛は医療クリニックへ

全身脱毛をしたくても肌が弱い、敏感だという方は医療クリニックで脱毛することをお勧めします。ドクターがいるからこそ行える脱毛があり、肌弱い人や敏感肌、アトピー肌の人も無理なく行えます。万が一のことがあっても、すぐにドクターサポートがあり対応してくれます。エステサロンと異なりこういった医療系で脱毛をするときは、ドクターサポートやドクターしか使用できない脱毛機器を用いるため、割高となってしまう点はメリットです。

しかし安全面ではしっかりと配慮しており、肌トラブルの方にも配慮されたサポート体制は医療系ならではの脱毛です。ドクターが使用できる脱毛機器にはほぼ無痛のものがあります。痛みがどうしても苦手な方でも無理なく脱毛ができるようになっています。完全に無痛が良いという方は麻酔も使用できることも医療系脱毛ならではのメリットです。肌トラブルを抱えている方も安心して、肌に負担をかけることなく、しっかりとドクターサポートをも受けられる安心の医療クリニックで全身脱毛をはじめてください。

脱毛行為による埋もれ毛のリスクや対処法について

体に生えている無駄毛を処理する方法は剃刀や毛抜きを自分で使用するものや、エステサロンで専用の薬剤を使用するものがあります。脱毛は処理を行った直後は綺麗な仕上がりで見栄えが良くなりますが、処理に不具合があると埋もれ毛が生じることがあります。

埋もれ毛は体毛が毛穴から露出せずに、皮膚の中に籠ってしまう状態を指します。脱毛によって皮膚に傷が付き、毛穴が塞がってしまうのが主な原因です。体内に籠った体毛は塞がった毛穴の下で伸び続け、皮膚上に黒ずんだ出来物を作ります。また、体毛の色素が皮膚に沈着したり伸びた体毛が神経に触れて痛みを感じることもあります。皮膚のただれや炎症を引き起こすこともあるので、医療機関で適切な処置を受けることが大切です。

素人療法で皮膚を傷つけて体毛を抉り出すと傷が残ったり細菌に感染することがあるので避けます。無駄毛処理は体毛を除去するだけではなく、スキンケアも併せて行う事が健康を保つために必要な心得になります。

インテンスパルスライトは産毛でも脱毛効果を与えることができます

インテンスパルスライトは、メラニン色素が多く集まっている部分に熱を与える光です。体毛はメラニン色素の塊のようなものなので、そのためインテンスパルスライトを照射すると、熱でカサカサに乾いた状態になって抜けていくのです。

メラニン色素が多い部分ほど高熱を与えることができるのですが、それはつまり太く色濃い体毛ほど、脱毛効果を得やすいということです。肌にもメラニン色素がある程度はあるので、多少は影響を受けます。しかし熱っぽさを感じる程度でしかないので安全です。インテンスパルスライトは、理論上は肌よりもメラニン色素が多い全ての体毛に、脱毛効果を与えることができます。つまり短く細い体毛であっても、太く色濃い体毛と同じようにカサカサの状態にすることができるのです。

ですからたとえば顔や耳やお腹の産毛であっても、インテンスパルスライトを照射すれば抜け落ちていきます。子供の産毛であっても、きれいに除去することが可能です。除去が不可能なのは、肌よりもメラニン色素が少ない体毛のみなのです。

痛くない脱毛方法とは

ムダ毛処理はしっかり行っておきたいですがやはり毛を抜くとなると痛みも気になるところです。自己処理で毛根からしっかり処理するのであればワックスは便利ですが、やはり剥がすときは一瞬痛みがあり、それがゆえに続けられないという悩みを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自己処理で痛くないという方法を選ぶなら、やはりカミソリやシェーバー、除毛クリームなどがあげられ、これらは表面に出ている毛のみの処理ですので、痛みはありません。そのかわり再生は早く何度も繰り返し処理する必要はあります。プロの施術で痛くない処理を行うのであれば、エステサロンのフラッシュ脱毛は痛みが少なく、快適に処理ができるとされています。

それから、医療機関のレーザー脱毛はエステサロンに比べやや痛みが強い傾向にあるとされていますが、これも冷却処置や出力の調整でかなり抑えることもできます。どうしても痛いのが苦手という場合は麻酔クリームで対応してもらうのも良いでしょう。